東洋紡エンジニアリング株式会社|植物工場|事業の計画から運営までトータルサポート

  • Point 1|ワンストップの工場構築
  • Point 2|運営コンサルティング
  • Point 3|安定生産を支える農業関連資材
  • Point 4|付加価値を生む研究開発

植物工場とは?

植物工場とは、内部環境をコントロールした空間(閉鎖的・半閉鎖的)で
植物を計画的に生産するシステム。
東洋紡エンジニアリングでは、植物工場技術のさらなる飛躍を目指し、
“成功する植物工場作り”に、真摯に取り組み続けています。

  • よくある質問
  • 導入までの流れ・期間

植物工場を“成功”させる4つのポイント

  • Point 1|ワンストップの工場構築|小・中・大規模植物工場の設計・施工から販売先までサポート
  • Point 2|運営コンサルティング|採算性を重視し、販路・営業支援など出口戦略もサポート
  • Point 3|安定生産を支える農業関連資材|東洋紡グループの高機能資材によるコスト削減・生産効率アップ
  • Point 4|付加価値を生む研究開発|栽培環境の改善・制御技術力の開発などから多彩な野菜の生産を実現

Point 1|ワンストップの工場構築|小・中・大規模植物工場の設計・施工から販売先までサポート

植物工場の設備メーカーは世の中にいくつもありますが、
大規模(日産1万株以上)の設計・施工実績を持っている企業はわずか。
その中でも、建築からのシステム構築まで可能な会社は東洋紡エンジニアリングです。
東洋紡エンジニアリングの植物工場事業は植物工場の企画・設計・施工のみならず、
販売先までのサポートを含めた、ワンストップでの工場構築をご提案します。

高品質・短納期を実現するワンストップ工場構築

  • 設計

    お客様のご要望、事業計画に合わせて、施工を見据えた無駄のないプランをご提案します。

  • ↓
  • 施工

    自社設計により着手までのタイムロスが無く、短期間での事業開始が可能です。

  • ↓
  • 販売先のサポート体制

    設備完成後の立ち上げ支援から販売先の支援、設備メンテナンス等引き渡し後のフォローもケアさせていただきます。

規模

小規模:日産500株以下(目安)

植物工場事業導入ステージ向けに最適。研修、研究、マーケティング向けプランであり、様々な設置場所に対応可能です。

中・大規模:日産500株~数万株(目安)

本格的な植物工場事業向けのスタイル。大型生産施設の建設実績で得たノウハウを最大限に生かし、“使いやすさ” “生産効率の向上(自動化設備等)” “建設コストの最小化”などを考慮したご提案をします。

大規模植物工場の構築なら東洋紡エンジニアリング

ミニプラントの実績のあるメーカーは、多く存在しています。ですが、その経験で大規模の植物工場が構築できるとは限りません。なぜなら大規模構築には、その規模に適したオペレーションと環境制御のノウハウが不可欠だからです。大きな投資を無駄にしないために、大規模植物工場の建設・運営は、実績を重ねる東洋紡エンジニアリングにお任せください。

事例紹介

東洋紡エンジニアリングでは小規模から大規模まで
お客様のニーズに合わせて最適なプランをご提案しています。

エゴマ:日産800株

牛岳温泉植物工場

富山県富山市、2014年完成の地域活性化と目的とした新築エゴマ工場。

  • 牛岳温泉植物工場
  • 牛岳温泉植物工場

レタス:日産12,000株

イノベタス富士ファーム

静岡県富士市、2015年完成の新築レタス専用植物工場。

  • イノベタス富士ファーム
  • イノベタス富士ファーム

レタス・シソ類:日産500株

名張シティファーム

三重県名張市、2015年完成の温浴施設に併設した新築野菜工場。レタス、シソ類を生産中。

  • 名張シティファーム
  • 名張シティファーム

果菜類・根菜類の栽培研究

HAL

富山県射水市、東洋紡工場内で2015完成の試験プラント。根菜・果菜の栽培開発を行っています。

  • HAL
  • HAL

パクチ、ケール、春菊

D食品工場

千葉県習志野市、食品工場内の植物工場プラント。春菊、パクチ等を栽培しています。

  • D食品工場
  • D食品工場

植物工場のことなら

東洋紡エンジニアリング株式会社

植物工場の建設、設備の改善、事業のご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 06-6348-4073 営業時間 9:00~17:45(定休日:土・日・祝)

Point 2|運営コンサルティング|採算性を重視し、販路・営業支援など出口戦略もサポー

顧客の立場に立って、植物工場完工後、難しいと言われるスタート運営に対し、
「垂直立ち上げ」ができるように支援を行っております。
更に、植物工場業界で、唯一出口の相談・紹介サポートまで行っており、
失敗しない植物工場づくりを応援致します。

東洋紡エンジニアリングは生産の先の「出口戦略」もサポート!

生産の先もサポート「出口戦略」

異業種からの参入の場合、野菜作りや、販売先に困ることがありますが、当社のネットワークを通じ、栽培支援や出口の紹介・同行営業等をサポートします。「市場の相場に合う野菜+品質のいい野菜が作れるからこそ、出口がある。」

出口戦略

既存工場の採算性、生産効率も改善「設備診断」

東洋紡エンジニアリングでは既存・稼働中の植物工場で、採算性や生産効率などのご相談にも対応しています。現地調査を行ったうえで、ご希望に応じた最適改善、改修をご提案します。

設備診断

植物工場のことなら

東洋紡エンジニアリング株式会社

植物工場の建設、設備の改善、事業のご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 06-6348-4073 営業時間 9:00~17:45(定休日:土・日・祝)

Point 3|安定生産を支える農業関連資材|東洋紡グループの高機能資材によるコスト削減・生産効率アップ

植物工場をより効率的に運営するためには、
生産性向上に深く関わる栽培資材が欠かせません。
そのため、東洋紡エンジニアリングでは東洋紡グループの力を存分に生かし、
積極的に効率性が高い資材を取り込んでいます。

東洋紡グループの力を結集した高機能資材!

東洋紡グループでは反射率95%を有する「クリスパー®(ポリエステルフィルム)」や
多くの実績を重ねた「水処理RO膜」、培地向け「不織布」など、
様々なアグリ向け資材の研究開発・製造を行っています。

  • クリスパー®(ポリエステルフィルム) クリスパー®
    (ポリエステルフィルム)
    (照明反射板用途向け)
  • 水処理RO膜 水処理RO膜 (原水処理用途向け)
  • 不織布 不織布 (培地用途向け)

設備の改善・開発

当社試験プラントで最適環境実験、新品目の栽培実験、LEDなどの様々な光源のテストを行い、日々データを蓄積し、その時その時点での最もいい技術を開発しております。

LED・照光効率 LED・照光効率

計装システム開発

独自開発の中央監視システムで栽培品目に応じた環境設定と、それを遠隔で監視するシステムをご提供します。

環境制御・遠隔監視 環境制御・遠隔監視

植物工場のことなら

東洋紡エンジニアリング株式会社

植物工場の建設、設備の改善、事業のご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 06-6348-4073 営業時間 9:00~17:45(定休日:土・日・祝)

Point 4|付加価値を生む研究開発|栽培環境の改善・制御技術力の開発などから多彩な野菜の生産を実現

常に、市場ニーズに合った品種の栽培研究を行っており、
お客様に需要のある野菜を提案できるように、
東洋紡エンジニアリングは日々研究を重ねています。

研究開発により実現した栽培可能品目

現存の植物工場業界では、葉物野菜の栽培が主流ですが、弊社は安定栽培が困難と言われる果菜・根菜について、日々研究を重ねています。結果、現存の水耕栽培の品目制限を突破し、実現可能な段階まで来ています。

主な栽培品目

  • レタス レタス
  • ほうれんそう ほうれんそう
  • 水菜 水菜
  • エゴマ エゴマ
  • バジル バジル
  • パクチ パクチ
  • モロヘイヤ モロヘイヤ
  • にんじん にんじん
  • ラディッシュ ラディッシュ
  • ワサビ大根 ワサビ大根

分類

太陽光型

温室などの半閉鎖環境(ハウス)で、太陽光を利用します。雨天・曇天時の補光や夏季の高温抑制技術などを用いて、生産を行う施設です。

完全人工光型

外部と切り離された閉鎖的空間で、完全に環境を制御します。人工的光源、各種空調設備、養液培養による生産を行う植物工場のことを指します。

東洋紡エンジニアリングの新提案!太陽光型+完全人工光型2つのメリットを組み合わせて最適化

東洋紡エンジニアリングがこれまで積上げてきた経験を生かし、太陽光型と完全人工光型のメリットを組み合わせた施設。
新たな品目の栽培を可能にした業界初の新型植物工場の完成も間近です。

詳しくはお問い合わせください

植物工場のことなら

東洋紡エンジニアリング株式会社

植物工場の建設、設備の改善、事業のご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 06-6348-4073 営業時間 9:00~17:45(定休日:土・日・祝)

植物工場に対するよくある質問

光源は蛍光灯、LEDどちらですか?

省エネ、寿命の長い、防水防塵LEDを使用しています。

必要なスペースはどれぐらいですか?

規模によりますが、ご相談いただいたスペースの収量最大限に設計します。お気軽にお問合せください。

採算性はどうですか?

お客様のご要望に応じて採算性に合う植物工場を提案しています。

どんな制御が行えますか?

東洋紡エンジニアリングのオリジナルの遠隔監視・制御システムで管理できます。

栽培可能の野菜は何ですか?

基本葉物類全般、現在根菜・果菜類の研究開発に取り組んでいます。

植物工場導入までの流れ・期間

導入までの流れについて

STEP01 お問い合わせ

メールフォーム・お電話にてお問い合わせください。

STEP02 ヒアリング

投資目的、土地、空きスペース、スケジュールの情報収集。

STEP03 ご提案

ご要望にあわせて設計・事業計画・お見積りなどをご提案。

STEP04 ご契約

提案内容にご納得いただけましたら、ご契約手続きへ。

STEP05 詳細設計

ご提案した設計をもとに詳細設計を行います。

STEP06 施工

設計完了後、ご承認いただき、施工となります。

STEP07 稼働

試運転を行った後、本稼働。

STEP08 アフターサービス

お引き渡し後の保守・メンテナンス(オプション)

導入までの期間について(目安)

導入までの期間

植物工場のことなら

東洋紡エンジニアリング株式会社

植物工場の建設、設備の改善、事業のご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 06-6348-4073 営業時間 9:00~17:45(定休日:土・日・祝)

PAGE TOP